*

2014年7月

安倍晋三首相が生出演 日米韓・安保・景気

女性:昨日行われた安倍総理とオーストラリアのアボット首相との首脳会談。日豪EPAで大筋合意しました。こちらをご覧ください。牛肉に関しては現在38.5%の関税を冷凍についても冷蔵についても、ま、段階的に下げて行くと。冷凍は18年目に19.5%、冷蔵については15年目に23.5%にするという方針で、また、この輸入が急増した場合に輸入量を制限するセーフガードを導入しました。
女性:そして、日本が牛肉の関税を引き下げる代わりにですね、オーストラリアは日本車に対する関税を、これ今現在5%あるものを撤廃する方針を明らかにしてるんですけれども、この交渉っていうのはスムーズに進んだんでしょうか?
安倍:あの、ま、そう簡単ではなかったんですね。実はこの交渉をスタートしたのは7年前に私が総理大臣に、の、時にですね、ま、ハワード首相とスタートしました。その時ですね、ハワード首相から日本と豪州においてですね、1957年に私の祖父の岸信介が、豪州を訪問した際にですね、日豪通商協定を結んだんですね。
安倍:それによって鉄鉱石や石炭やガスが安定的に日本に入るようになって、日本は安定的な供給を確保して、その後高度成長期を達成していくんですが、オーストラリアもですね安定的な供給先を確保したことによってですね、医学部の受験